JIO OFFICIAL SIDE
矯正歯科の専門医を検索
国民向けコンテンツ
歯科矯正医の審査認定
会長挨拶
専門医制度について
書籍紹介
トピックス
歯並びの大切さ
矯正治療Q&A
連絡先
 
矯正歯科医向けコンテンツ
定款
貸借対照表
JIOからの意見書
JIO広報
JIO学術雑誌
職務基本規程
JIOへの加入について
JIO役員名簿
JIO会員名簿
総会報告
総会案内
 
認定機構(JBO)について
代表委員挨拶
審査委員長挨拶
定款・規則
審査委員の紹介
審査について
認定審査要綱
JBO役員名簿
審査報告
歯科矯正専門医名簿
 
日本歯科矯正専門医教育機構
設立趣意書
定款・規則
JAO役員名簿
JAO修練制度
 
JIO会員専用コンテンツ
会員専用ページ
 
その他のコンテンンツ
サイトマップ
プライバシーポリシー
 

<認定番号 JM02002-100910> マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

マークをクリックすると、サイトの認証情報が確認できます。 このサイトに関するセルフアセスメント情報が確認できます。

医療・健康に関する情報を安全に利用いただくために、「医療情報の利用の手引き」をごらんください。

 

シンポジウム報告



シンポジスト
与五沢文夫、山崎長郎、弘岡秀明、谷野隆三郎、岡村麻未
コ-ディネーター
星隆夫

上記の写真をクリックすると、抄録(シンポジウム企画趣旨)が閲覧できます。
※PDF形式ですので、Acrobat Readerが必要です。
プラグインダウンロードページ
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

 大会最終日にInterdisciplinary dentistry (連携歯科医療)についてのシンポジウムが開催され、以下の点について、幅広い討議が行われました。

1.
質の高い安全で確実な歯科医療を提供するInterdisciplinary dentistry (連携歯科医療)を実践していく上で各専門医に必要な技量は何か
2.
Interdisciplinary dentistry (連携歯科医療)を担う人材に対して必要な教育とは何か。
3.
医療の質を担保するためのシステムは必要であるか。そのためにはどの様なシステムが適しているか。

 上記について各先生のご意見を伺うために、もう少し具体的な質問を先生に投げかけお答えをいただきました。
 最初に連携歯科医療とは複数の専門家が協力して一人の患者に安全で質の高い医療を提供することであり、一人の歯科医師が全ての領域の仕事をこなすマルチディシプリナリーとは異なることが確認されました。

 次に連携歯科医療の担い手は誰かという問いに対し、GP、 補綴、歯周、口腔外科、矯正、インプラント、歯内、歯科衛生士、歯科技工士など各分野の担当がそれぞれプロフェッショナルな意識を持って携わることが必要であることが確認されました。また、岡村先生から歯科の枠を越えて医科、美容の世界とのコラボレートが必要であることが提案されました。


 日本の現状で連携医療が進んでいかない理由については医療の供給者、受給者ともに質の高い医療の実際の姿を知らないことが主な理由であり、歯科医学の卒前・卒後教育また患者さんに対する教育を変えていく必要があるのではないかということが討論されました。これに合わせて、専門医制度、保険給付制度など社会の仕組みも医療の質を高める方向への変革が必要であることが討論されました。
 さらに連携歯科医療を進める上では歯科医師同士の価値観の共有が必須であり、これを作り上げるためには十分なコミュニケーションに加え,たゆまぬ学習が必要であることが確認されました。

 シンポジュウムを総括して、−より良い連携歯科医療の実現のために明日からするべきことは、歯科医療に対する学習を続けることである−ということが、全ての先生の共通の意見でありました。

 

 

総会報告ページへ戻る

 

 

 


copyright (c)2004 The Japan Institute of Orthodontists all right reserved.