JIO OFFICIAL SIDE
矯正歯科の専門医を検索
国民向けコンテンツ
歯科矯正医の審査認定
会長挨拶
専門医制度について
書籍紹介
トピックス
歯並びの大切さ
矯正治療Q&A
連絡先
 
矯正歯科医向けコンテンツ
定款
貸借対照表
JIOからの意見書
JIO広報
JIO学術雑誌
職務基本規程
JIOへの加入について
JIO役員名簿
JIO会員名簿
総会報告
総会案内
 
認定機構(JBO)について
代表委員挨拶
審査委員長挨拶
定款・規則
審査委員の紹介
審査について
認定審査要綱
JBO役員名簿
審査報告
歯科矯正専門医名簿
 
日本歯科矯正専門医教育機構
設立趣意書
定款・規則
JAO役員名簿
JAO修練制度
 
JIO会員専用コンテンツ
会員専用ページ
 
その他のコンテンンツ
サイトマップ
プライバシーポリシー
 

<認定番号 JM02002-100910> マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

マークをクリックすると、サイトの認証情報が確認できます。 このサイトに関するセルフアセスメント情報が確認できます。

医療・健康に関する情報を安全に利用いただくために、「医療情報の利用の手引き」をごらんください。

 

シンポジウム抄録 2

「報道の立場から見た医療事故の現状と専門医制度への提言」

鈴木 敦秋  

 医療事故が社会問題化するきっかけになった、横浜市大病院の患者取り違え事故(1999年1月11日)から6年余り。国民の医療不信は根強く、患者、医療者、メディア間の“溝”はなかなか埋まらないようにみえます。医療の安全や質について、今、どんな事象が新聞のニュースになっているのか、医療事故がなぜ社会問題になり、どう報道されてきたか――の2点を考えることから、現状に対する認識を述べます。その上で、なぜ、専門医制度の改革が必要なのか、日本矯正歯科協会の技術認定制度が社会にとってどんな意味を持つかについて、意見を述べたいと思います。観念論ではなく、現場に即した内容を考えております。


鈴木敦秋氏
  読売新聞記者
  明治大学文学部卒、総合商社勤務を経て、1990年読売新聞社入社。
  1994年から社会部。「連鎖過誤」、「続 連鎖過誤」、「大学病院を問う」、
  「医療 信頼への道」、「安心の設計」などのシリーズ連載にあたる。
  著書に,『大学病院に,メス!-密着1000日、医療事故報道の現場から』
  (講談社、2003年7月)など。

 

シンポジウム抄録へ戻る

総会報告ページへ戻る

 

 


copyright (c)2004 The Japan Institute of Orthodontists all right reserved.