JIO OFFICIAL SIDE
矯正歯科の専門医を検索
国民向けコンテンツ
歯科矯正医の審査認定
会長挨拶
専門医制度について
書籍紹介
トピックス
歯並びの大切さ
矯正治療Q&A
連絡先
 
矯正歯科医向けコンテンツ
定款
貸借対照表
JIOからの意見書
JIO広報
JIO学術雑誌
職務基本規程
JIOへの加入について
JIO役員名簿
JIO会員名簿
総会報告
総会案内
 
認定機構(JBO)について
代表委員挨拶
審査委員長挨拶
定款・規則
審査委員の紹介
審査について
認定審査要綱
JBO役員名簿
審査報告
歯科矯正専門医名簿
 
日本歯科矯正専門医教育機構
設立趣意書
定款・規則
JAO役員名簿
JAO修練制度
 
JIO会員専用コンテンツ
会員専用ページ
 
その他のコンテンンツ
サイトマップ
プライバシーポリシー
 

<認定番号 JM02002-100910> マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

マークをクリックすると、サイトの認証情報が確認できます。 このサイトに関するセルフアセスメント情報が確認できます。

医療・健康に関する情報を安全に利用いただくために、「医療情報の利用の手引き」をごらんください。

 

シンポジウム抄録 1

「諸外国の矯正歯科専門医制度の実情と日本の課題」

星 隆夫 

 現在の日本で質の高い歯科矯正医療に簡単にアクセスできるであろうか?
答えは否である。質の高い矯正治療は存在するが、その周りにはそれを埋もれさせる様々な歯科矯正治療が存在することも事実である。そもそも、質の高い歯科矯正治療とは何かというコンセンサスも十分に得られていないのではないだろうか。

 ヨーロッパのいくつかの国、アメリカ合衆国では、歯科矯正医療の質を担保するためのシステムを構築している。その仕組みは歯科矯正医療を取り巻く状況の差により少しずつ異なる。いくつかのヨーロッパの国では、全てではないが児童生徒の矯正治療のコストを国庫が負担する都合上、国の機関またはそれに準じる機関が歯科矯正医療を担う矯正専門医を認定している。アメリカ合衆国では歯科矯正治療は公的な保険でカバーはされていないが歯科矯正治療の質はADA, AAO, ABOによる矯正医の教育、認定機構によって担保されている。ヨーロッパのいくつかの国およびアメリカでの矯正専門医の教育システムは歯科医師としてのライセンスを取得後2〜3年の歯科矯正治療の専門教育を国もしくはそれに準ずる機構に認定されたCourseにおいてフルタイムで受けた後、ケースプレゼンテーションと口頭試問からなる矯正専門医の認定試験に合格すると晴れて矯正専門医となれるシステムが主な様である。
 このようなシステムの構築を行ってこなかったことが日本の現状を生み出した原因ではないだろうか。そうであれば、今、我々が行わなければいけないことは明白である。

 公的な制度に立脚した歯科矯正臨床の技量を量る矯正専門医の認定システムと、大学を含めて質の高い医療が提供できる矯正専門医を育てることができる教育システムを作り上げることが急務である。さらには構築された両システムを厳正に運用していくことにより、矯正専門医ではない歯科医師が見ても納得のいく「質の高い矯正医療のあるべき姿」すなわちコンセンサスを作り上げていくことが必要である。

 

星 隆夫氏
  新潟大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学講座助手
  1989年新潟大学歯学部卒. JIO会員

シンポジウム抄録へ戻る

総会報告ページへ戻る

 

 


copyright (c)2004 The Japan Institute of Orthodontists all right reserved.