JIO OFFICIAL SIDE
矯正歯科の専門医を検索
国民向けコンテンツ
歯科矯正医の審査認定
会長挨拶
専門医制度について
書籍紹介
トピックス
歯並びの大切さ
矯正治療Q&A
連絡先
 
矯正歯科医向けコンテンツ
定款
貸借対照表
JIOからの意見書
JIO広報
JIO学術雑誌
職務基本規程
JIOへの加入について
JIO役員名簿
JIO会員名簿
総会報告
総会案内
 
認定機構(JBO)について
代表委員挨拶
審査委員長挨拶
定款・規則
審査委員の紹介
審査について
認定審査要綱
JBO役員名簿
審査報告
歯科矯正専門医名簿
 
日本歯科矯正専門医教育機構
設立趣意書
定款・規則
JAO役員名簿
JAO修練制度
 
JIO会員専用コンテンツ
会員専用ページ
 
その他のコンテンンツ
サイトマップ
プライバシーポリシー
 

<認定番号 JM02002-100910> マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

マークをクリックすると、サイトの認証情報が確認できます。 このサイトに関するセルフアセスメント情報が確認できます。

医療・健康に関する情報を安全に利用いただくために、「医療情報の利用の手引き」をごらんください。

 

シンポジウム抄録

日本の矯正歯科医療の質を高める
専門医制度を求めて

   〜 専門医制度にかかわる医療の現状から考える 〜

 私たちは昨年、「矯正医療の将来を考える」という演題のもと「医療の質を高めるシステム」にスポットを当てたシンポジウムを開催いたしました。その中で、国民が安心して医療を受けられるように、医療の質に直結した専門医制度の確立が急務であるという意見が交わされました。
 このような質の高い専門医制度は、医療従事者にとっても目標とする医療技量のひとつの判断基準となると考えます。
 そこで今回は、第一部として諸外国の矯正歯科に関する専門医制度の実情を報告していただき、日本の専門医制度の課題を探ります。また、第二部として一般の医療の現状を医療事故、医療訴訟等を通して患者側の視点、法的な視点からとらえ、専門医並びに専門医制度に関する問題点をクローズアップすることで、各々のお立場から専門医制度のあり方を提言していただきます。 


【講演者】
星 隆夫 先生 矯正歯科医 日本矯正歯科協会会員 新潟県    
鈴木 敦秋 先生 読売新聞社会保障部 東京都
水沼 太郎 先生 三宅坂総合法律事務所・弁護士 東京都

 

〜 シンポジウム抄録 〜

・「諸外国の矯正歯科専門医制度の実情と日本の課題」
星 隆夫
     
・「報道の立場から見た医療事故の現状と専門医制度への提言」
鈴木 敦秋
     

・ 「専門家責任を果たすために」

水沼 太郎

 

総会報告ページへ戻る

 


copyright (c)2004 The Japan Institute of Orthodontists all right reserved.