特定非営利活動法人 日本歯科矯正専門医認定機構 JBO SIDE
矯正歯科の専門医を検索
国民向けコンテンツ
歯科矯正医の審査認定
会長挨拶
専門医制度について
書籍紹介
トピックス
歯並びの大切さ
矯正治療Q&A
連絡先
 
矯正歯科医向けコンテンツ
定款
貸借対照表
JIOからの意見書
JIO広報
JIO学術雑誌
職務基本規程
JIOへの加入について
JIO役員名簿
JIO会員名簿
総会報告
総会案内
 
認定機構(JBO)について
代表委員挨拶
審査委員長挨拶
定款・規則
審査委員の紹介
審査について
認定審査要綱
JBO役員名簿
審査報告
歯科矯正専門医名簿
 
日本歯科矯正専門医教育機構
設立趣意書
定款・規則
JAO役員名簿
JAO修練制度
 
JIO会員専用コンテンツ
会員専用ページ
 
その他のコンテンンツ
サイトマップ
プライバシーポリシー
 

<認定番号 JM02002-100910> マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

マークをクリックすると、サイトの認証情報が確認できます。 このサイトに関するセルフアセスメント情報が確認できます。

医療・健康に関する情報を安全に利用いただくために、「医療情報の利用の手引き」をごらんください。

 

第一回 認定審査報告

日本歯科矯正医認定機構(JBO)第一回認定審査報告(12月分)


 日本歯科矯正医認定機構(JBO)の第一回認定審査(12月分)が、2004年12月9日(木)午前7時30分から午後5時までラディソン都ホテル東京にて行われました。
 
会場となったラディソン都ホテル東京
 
 審査を行うにあたり、当機構の広末善久委員、天野憲人委員、宇津照久委員、関康弘副代表委員により、資料(レントゲン写真、顔貌写真、口腔内写真、模型)、トレース(レントゲントレース、トレースの重ね合わせ)の評価が行われました。
 審査は審査委員長 である与五沢文夫先生、審査委員である藤田邦彦先生、三瀬 駿二先生があたり、午前中は症例審査、即ち、矯正の診療技術の評価が行われました。午後は口頭試問、即ち、医療人としての臨床に対する姿勢や能力ならびに診査症例の診断や治療技術等の問題点についての質疑や指摘が行われました。

審査にあたる 与五沢文夫 審査委員長
三瀬駿二 審査委員 藤田邦彦 審査委員
審査風景

 また、第三者委員として日本歯科医師会 常務理事、福岡県歯科医師会副会長 中村直先生と新潟県歯科医師会から派遣された医療管理担当常務理事 渡邊健造先生が出席されました。中村先生には審査症例を熱心にご覧になられ、その上で主として咬合の形態について矯正の立場と補綴(一般歯科)からの御意見を審査委員長と交され、臨床評価の一助とすることができました。

第三者委員として御出席の中村直先生

 また渡邊先生には面接の際に御同席いただき,審査場での対話をお聞きいただき、また臨床に対する姿勢や能力の評価の一助となるご意見を認定審査委員会に頂きました。

第三者委員 渡邊健造先生に御同席いただいた面接試験

 認定審査の最終判定は審査委員会に代表委員が加わり、申請者の矯正臨床の技能に基づき総合的に行われました。なお、第三者委員の両先生には矯正医の悩みや立場の一部をご理解いただけたと思っております。また自らの職種をこのような形で追求することが一般歯科界にも必要であるとのご感想を述べておられました。

 さらに当日 読売新聞 医療情報部 石塚人生記者、読売新聞 社会保障部 鈴木敦秋記者、クイント新聞 山本恵加氏の取材を受けました。

読売新聞 医療情報部 石塚人生記者による取材風景

 また、日本矯正歯科協会(JIO)からのき田邦裕専務理事が出席しました。

今回、認定歯科矯正医として認定されました先生方を認定歯科矯正医名簿にて公告いたします。

次回の審査は、2005年3月3日(木)に行われます。

 

審査報告ページへ戻る

 

 


copyright (c)2004 The Japan Institute of Orthodontists all right reserved.